« 2014年1月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年3月

3月23日の稽古

2014.03.23 法典小での稽古。

小学生は工藤先生の指導の元、基本稽古→試合稽古→掛り稽古。

中学生以上は井上先生の指導の元、基本稽古→地稽古→試合稽古。

小学生は、来週の試合の選手チームvs控えチームで4試合試合稽古。全体として選手チームの方が押されていた ように思います。気持ちの持ち様が選手チームの方が低かったかな。

試合稽古の内容については選手チームを中心に、アドバイスしましたので、試合までの稽古は残り少ないですが、前進できる様取り組んでみて下さい。

 

 

これまでも何度かお話させてもらっていますが、剣道の勝敗及び良い打突が出来るかは、気持ちに掛かるウェイトが非常に大きいです

試合の際は、団体戦の礼の時から集中し、相手を気持ちで圧倒するような心持ちで臨んでもらいたいと思います。

アドバイスとしては、 『相手は自分と同じ位下手だ』と思う事。これも何度かお話してますよね。自分と同じ位下手くそだったら、楽勝じゃないですか・・・。私は毎回そう思うようにしています(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月21日の稽古

2014.03.21 金曜日の稽古参加は何カ月ぶりだろう??
と、云う訳で久しぶりに稽古に参加できました。昼間は超久々に慣れない家族サービスなんてしてみたものですから、かなり疲れちゃっていました(笑)。

工藤(智)先生の指導で優希を含む小学生防具組、工藤(良)先生の指導で初心者組、廉は井上先生とマンツーマンというグループ分けで稽古。
 
私は船越先生と共に小学生防具組のフォロー。
 
来週試合を控えている割には、あまり元気が感じられなかったな~。
 

竜矢、恵輝、八斗が一生懸命稽古しているように見えました。

竜矢は今回の稽古と同じように打てるようにしてみるといいよ。

それから皆に共通して言える事なんですが、決して自分オリジナルの打ちをしない事。オリジナルがやりたいなら、わざわざ習う必要ないからね・・・。

剣道の修行には
守・破・離
という考え方・過程があります。
守 は先生に言われた事、形を守って行く段階
破 は教わった事、形を自分なりに工夫する段階
離 は自分独自のやり方を創作する段階

小学生のみんなはまだまだ守の段階で、基本を忠実に修得することが上達の近道だと思います。

 

最も、私も守の段階なので、『お前こそもっとちゃんと基本稽古やれよ』と、いう突っ込みは甘んじて受け入れます。

と、云う訳で 基本稽古集中してやりましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの連休

2014.03.21(祝) 

昨年の春先から続いていた過労死推進期間(笑)もようやく、ひと段落つきました

とは言っても、来週から登攀しなければならない次の山脈が目の前にそそり立っており、はっきり言って逃げ出したい(笑)。

そんな中、久しぶりに連休を取ることが出来た事もあり、子供達と映画を見に行って来ました。

タイトルは、アナと雪の女王

20140321_frozen

 

次女のMIYUUが幼稚園の発表会で雪の女王を演じた事もあり、子供たちが見たいうと云うもんですから渋々・・・・・。
正直言うと、体の方も疲労困憊状態の為、映画の最中寝ていようと思っていたんですよ(笑)。

ちなみに、MIYUUの雪の女王(笑)。

20140216011_2

さてさて映画が始まると、綺麗な映像とミュージカル調の楽曲、ちょっと唐突なストーリー展開(笑)等で、眠気を感じる暇もなくあっという間に時間が過ぎてしまいました。

ディズニーの子供向けアニメだと思って小ばかにして、昼寝しようとまで思っていましたが、、、、なかなかいい映画だったと思います。大人の方にもおすすめ出来ます。

子供たちの反応や感想からは、アナの姉を救おうとする具体的な行動(冒険)が良かったみたいですが、私はエルサの妹を守ろうとする行動、それまでありのままの自分を隠して生きてきた時期を、取り戻すかのような自由に生きる行動等が表現されていて良かったと思います。そして私は迂闊にも泣きそうになってしまいました。あぶない、あぶない。

MIYUUは、「また見に行きたい。ばあばと見よう( 連れてきてもらう の意)」と言ってました。賢いな~(笑)。

 

映画の後は、家族4人でガッテン寿司で寿司食べて、満腹で帰ってきました~。

 

そして私は、法典剣友会の稽古へ。金曜日の稽古参加は超久しぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第七回法典剣友会剣道大会 一般の部

2014.03.09 法典小にて表記の大会が開催されました。

参加者は

廉、恒洋、凌、拓、琢、原さん、戸田さん、内藤さん、石井さん、倉又さん、福田さん、朝比奈さん、船越先生、しょうじ。

4つのリーグに分けて(1リーグあたり3or4名)、各リーグの1位が決勝トーナメントへ。

各リーグの1位は下記の通り。

Aリーグ:船越先生
Bリーグ:福田さん
Cリーグ:内藤さん
Dリーグ:しょうじ

最終的な順位は

優勝:船越先生 

二位:しょうじ 

三位:福田さん 

三位:内藤さん

 

と言う結果になり、

船越先生が見事三連覇を達成しました!!

どんな試合でも勝つのは簡単ではないですし、優勝することは勿論容易ではありません。

そんな中での三連覇は見事です。

おめでとうございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第七回法典剣友会剣道大会

2014.3.2 法典小にて表記の大会(小学生の部及び基本の部)を行いました。

昨年度は交流のある外部の団体も招待して大会を開催しましたが、今年は耐震工事の関係もあり剣友会内での大会になりました。 

=基本の部=

優勝:優希

元気よく演武出来たと思います。三月いっぱいは、胴垂のままで稽古して、あまり紐が解けない様だったら面を付けて稽古しよう。9月の団体戦には試合に出ましょう!!

伸一、なつみ、悠雅の三人は残念ながら参加できませんでしたが、同じく9月に試合に出られる様稽古積んで行きましょう。

 

 

=小学生の部= 

優勝:七瀬 

準優勝:亮汰 

三位:蓮央、大翔

ある意味優勝は順当な結果になりましたが、蓮央、亮汰が七瀬からそれぞれ一本取るなど後一歩の所でしたね。大翔も三年生ながら入賞し、十分稽古の成果が出せたように思います。

亮汰、蓮央、大翔、八斗はこの一年間の成長がものすごく感じられました。

特に、大翔、八斗は攻める気持ちが観戦者にも伝わってくるような、気迫ある試合が出来たと思います。内容も非常に良かったと思います。

 

 

優勝した七瀬は特にこの三年間、剣友会の中心として良く稽古に励んだと思います。

七瀬にとって少し不幸だったのは、同級生や1学年下にライバルとなる様な存在が長く不在だったことですね。

亮汰は剣道始めたのが少し後でしたし、剣道を途中でやめてしまう子がいたりと、なかなか切磋琢磨出来る仲間がいる環境になりませんでした。

そんな中ほとんど休まずに来て、稽古を続けてきたことは、非常に素晴らしい事だと思います。本当におめでとう!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、今大会の結果を踏まえ、青雲の杯の選手が発表されました。

=団体戦=

先鋒:蓮央

次鋒:大翔

中堅:健吾

副将:快莉

大将:七瀬

=個人戦=

七瀬、柊成、竜也

選手の皆は選ばれなかった仲間の分まで一生懸命、試合に臨んでもらいたいと思います。亮汰が試合に出場できないのが残念ですが、チーム一丸となって良い結果が残せるよう、試合に挑んでください。

七瀬は小学生での最後の試合です。これまでの稽古の成果が発揮できると良いね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

さて、来週3/9は 法典剣友会剣道大会 一般の部を行います。

参加資格は中学生以上で当日受付。OBの諸君も続々参加して下さい!!法典小でPM6:00~。

試合方法(リーグ/トーナメント)は参加人数を確認してから決定します。

 

 

船越先生がもっか二連覇中!!皆で 船越先生の三連覇を阻止しよう(笑)!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25回小野派一刀流流祖忠明旗争奪関東少年剣道大会

2014.2.23   南房総市富浦体育館で行われた大会に、小学生の選手が出場しました。

この大会は規模も大きいのですが、千葉県だけでなく関東近郊の強豪道場・剣友会が出場することもあり、法典剣友会の子供たちが参加する大会の中では、最も高いレベルの試合に該当すると思います。

選手は

先鋒:蓮央

次鋒:康平

中堅:健吾

副将:亮汰

大将:七瀬

補員:竜也

予選リーグ一戦目:市原尚武館(千葉県市原市)

先鋒 0-メメ

次鋒 0-メ

中堅 0-メメ

副将 0-メメ

大将 0-メ

0勝5敗で敗戦。

正直、スコアほどの実力差があるとは思わなかったのですが、試合内容は全く良い所なしでした。

ほとんど全員が自分から攻めて打って行く事がきなかったように思います。

開会式直後の第一試合だった事もあり緊張したかもしれませんが、試合に対する集中力や元気が全く欠けていたように思います。

 

 

予選リーグ二戦目:光武館(神奈川県相模原市)

先鋒 0-メメ

次鋒 0-メメ

中堅 0-0

副将 0-メメ

大将 0-コ

0勝4敗で敗戦。

昨年二位の道場ですし、私は高校生の頃まで相模原市に住んでいたこともあり、光武館の実力は十分わかっていましたので、一戦目の敗戦もあったのでどんな内容になるか心配だったのですが、緊張もほぐれたのか、一戦目とはガラッと内容が変わって良くなったと思います。

船越先生、井上先生のおかげで、気持ちの切り替えがうまく出来たのかなと、思います。

 

 

 

残念ながら、今年も目標の予選リーグを突破することはできませんでしたが、試合後に皆に感想を聞いて、今後の皆の成長に期待が持てました。

それぞれが、自分と他のチームの選手との違いを見つけていたからです。数年前までは、相手の方が声が大きかったという感想しかなかった(確かにそこで致命的に差があったのも事実なんですけどね・・・・)ものですから、皆は大いに成長しています。

剣道は負けて得るものが非常に大きい。今回の試合で気づいたところ、自分が打たれた所等を振り返って、今後の稽古に生かしていって欲しいと思います。

早朝より、引率頂きました先生方保護者の皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年9月 »