« 伊豆ツーリング その一 | トップページ | 伊豆ツーリング その五・・・じゃなくてその後 »

伊豆ツーリング その二

2014年10月11日~12日 伊豆に一泊ツーリングに行って来ました。バイクに乗るのは約12年ぶり。

一日目の様子はこちら→クリック

 

思わぬ形で二人旅になった今回のツーリング。一日目は特に大きな問題は無かったのですが、二日目はどうなることやら・・・・・・・。

二日目は

朝7:30頃起床→朝温泉→朝ごはん→二度寝(笑)→10:00チェックアウト→修善寺へ。

 

 

おっとその前に、旅館のトイレットペーパー初めて見る模様だったんですよ。

さて、ここでクイズです。どんな模様だったでしょうか?

 

 

 

 

 

正解は↓

20141012a01_2


 

 

 

 

話は戻って修善寺ですが、ここも私の勝手な希望で訪れました。伊豆は何度も来ているのに、中伊豆の観光地は全く立ち寄ったことが無かったので、ようやく念願叶った感じです。

ところで、旅館があった伊豆長岡から修善寺は ほとんど国道を走ったので昨日より運転は楽だったはずなのに、股関節の痛みは悪化。今考えると、前日の運転で疲労が溜まったからなんだろうな~。さすが中年!!回復しね~な~(笑)。

さらに、クラッチ握る左手は腱鞘炎か筋肉痛か??とにかく痛い(笑)。

さて、またまた話は戻って修善寺ですが、エリアとしては小さな観光地ですけど、風情があって静かでのんびりしていて、一日まったり過ごすには良い場所だな~と感じました。

紅葉の頃や桜の咲く頃も景色良さそうですから、また別の機会に是非訪れたい!!

張さんも気に入った様子でしたので、私としても嬉しかったです。

↓修善寺の写真

20141012023

↓幸せそうな二人

20141012a03

他にも修禅寺や竹林の小径など素敵な場所もありましたが、カメラマン(私)の腕が今一だったので、残念な写真ばっかりでした(笑)。 

 

修善寺ではのんびり観光したこともあり、次の予定地 浄蓮の滝 は訪問を取りやめ、沼津方面へ移動。

 

さて、実は張さんのバイクは昨日から異音が出ていたので気になっていたのですが、修善寺でようやく異音発生の場所が特定できました。

早めに調整した方が良さそうだったのでバイク屋探しつつの移動だったのですが、意外とバイク屋無いんですね~

1時間近く走ってようやく三島でようやくバイク屋を見つけることが出来ました。結構親切に対応してもらえましたし、工賃も良心的でした。→バイクの青山 三島店:http://www.aoyama-shoukai.com/bike-misima.html 

 

 

 

バイクも不具合箇所を調整したら好調になったので、昼食を食べに沼津港へ。

↓14:00頃遅い昼食。奮発して一番高い海鮮丼頂きました。美味しかった~!!生おろしわさびも最高~。

20141012a04


昼食後、お土産を買って帰路につきました。本当はもう少しのんびりしたかったんですが、既に15:00過ぎ。バイク返却時間を逆算すると15:30には沼津を出ないと間に合わず、途中でのんびり休憩も出来ないタイミングでした。

 

ここまで、私の後ろをイライラ?しながら着いてきてくれた張さんの気分を発散させるためにも、出会った港北PAまでマイペースで走ろうという事にしました。沼津ICで東名高速に乗ったら張さんに先に行ってもらい、後から私が行く事に。

 

実は、こっそり追い抜いてビックリさせてやろうと思っていたんですけど、想定外の事が発生・・・・。行きは東名高速が渋滞していてスピードを出す事が無かったので気が付かなかったのですが、120km/h以上スピードが出ない・・・・体を伏せて空気抵抗減らしても、125km/hが限界でしかもほとんど加速してない(笑)。

昔乗っていた250ccは 楽に160km/hは出たぞ・・・。

 

予想よりスピードが出なかった理由がいくつかあるので、書いておきます

一つ目:当時私が乗っていたバイクにはカウル(風よけのカバーみたいなイメージ)があった

二つ目:当時のバイクの馬力は45PSに対し、レンタルバイクは30PSしかない(スピード=馬力では無いが、やはり非力)

さて、本日二回目のクイズです。三つ目の理由に気づいたとき、私は自分の劣化をものすごく感じました。三つ目の理由とはなんでしょう?

ちょっと難しいので【 】内にヒントを書いておきます 

①単に、バイクの運転技術が落ちていた【基本的にアクセルひねればスピードは出る】

②左手の痛みのせいでクラッチが握れず、ず~っと1Stギアだった【走り出してしまえば、上手く回転数合わせればクラッチ握らなくても、ギアチェンジ出来る。また、腕が落ちていてもそれくらいは出来る】

③張さんは高速に乗れたが、私は下道走っていた【そうだとしたらずっと夢見てたんだと思う】

④高速に乗れたんだけど、名古屋方面に向かっていた【名古屋方面に向かっていても、バイクの性能がマイナスになるわけではない】

⑤私の体重が変わっていた【250cc乗ってた約25年前 約55kg、現在 約70kg

本人のプライドの為あえて正解は書きませんけど、私って決してデブってほどの体格ではないんですよ・・・・・多分

と云う訳で、昔よりパワーが劣り空気抵抗が大きいバイクに乗っていたのに、運転者がデブでバイクに負担かけていたという悪循環(笑)。

 

 

そんなこんなで、こっそり追い抜いて先に港北PAに付く作戦は失敗したんですが、東名高速では渋滞中なのに車線変更してきた車に激突されそうになるし、暴走族のバイク列に混じって走ったり(笑)、ヘルメットにコガネムシがぶつかってきたりと結構楽しく走る事が出来ました。

 

車に激突されそうになった時は、一瞬ダメかと諦めかけましたが、ほんとに奇跡的に昔の運転技術が一瞬復活して、ギリギリでかわす事が出来たですよ。

いや~昔 無茶しとくと、後々生かせる事もあるんだな~(笑)。 

 

無事、港北PAで張さんと合流後、張さんは東京ICから自宅へ、私はほんのちょっとだけ遠回りしてレインボーブリッジ経由で船橋のバイクレンタルショップへ。張さんとは高速途中で解散と云う形になったんですけど、なんか寂しかったな~。

 

↓レインボーブリッジからの夜景。ほんとは駐停車禁止。手ぶれしてしまって、ピンボケ。

20141012a05


ひょんなことから張さんがツーリングに同行することになりましたが、非常に楽しいツーリングにすることが出来ました。張さん楽しいひと時をありがとう!!

 

そして、家族をほったらかしで一人で遊びに行く事を許してくれた、奥様と子供達よ。本当にありがとう。

|

« 伊豆ツーリング その一 | トップページ | 伊豆ツーリング その五・・・じゃなくてその後 »

家族」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

ちょ~さん こんばんは。稽古さぼって遊びに行ってしまいました(笑)。

確かに、同名ですね。縁がありますね~。
 
バイク楽しいですよ。是非復活してみて下さい。
 

投稿: しょうじ | 2014年10月17日 (金) 23時51分

しょうじさん、こんにちは!

2部作、とっても面白かったです。
そして、まさかの張さんの登場・・・
またまた色んな意味で不思議縁を
感じてしまったちょ~なのでした(笑)

僕も久しぶりにバイクに乗りたいなぁ~

投稿: ちょ~ | 2014年10月17日 (金) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ツーリング その二:

« 伊豆ツーリング その一 | トップページ | 伊豆ツーリング その五・・・じゃなくてその後 »