しょうじ 稽古日誌

6月10日の稽古

塚田小での稽古。

昨日飲み過ぎてしまいまして、朝11:45に起床(笑)。なんとなくお酒臭いまま稽古に行って来ました。皆様・・・大変申し訳ございませんでしたm(__)m。

初心者は河田先生、中学生以上は宗田先生、小学生はもう少し基本をおさらいした方がよさそうな四名を私、その他を押本先生の担当で稽古。

準備運動後の全体練習では、足捌きと素振りの後に、竹刀を握った時に小指、薬指をしっかり握った時とそうでない時に、体幹のブレが全然違う事を体験してもらいました。大分違いましたよね??

私も含めて全員が左手の握りが緩みがちなので、しっかり握る様意識して稽古しましょう。

私のグループは、美優、真幸、MIO、康平の四名。

もう少し竹刀がしっかり振れるようになることと、足捌きがもう少しスムーズに出来るようになるまで、今日のように別グループで稽古することにします。とりあえず、8月一杯くらいまでの三箇月を一つの区切りにしようと考えていますが、四人の上達度によっては、期間の短縮や延長もあるかもしれません。

と云う訳で四名を防具組初級と位置付けて稽古して行きますので、早くみんなと一緒に練習出来る様、稽古を積んで行きましょう!MIO、美優は金曜日は稽古お休みしているので、日曜日は極力稽古に出席すること!!

今日は、足捌き、素振り、基本打ち(面、小手、小手→面、面→面、胴)、切り返し。

まあ、非常にオーソドックスな稽古内容ですが、

○しっかり声を出す

○正しく構える

○大きく真っ直ぐ振りかぶる

○両手でしっかり振る

○打った時にしっかり竹刀を止める

○まっすぐ抜ける

○打った後も気を抜かない(残心をしっかりとる)

事を重点的に稽古してもらいました。

と云う訳で四名を防具組初級と位置付けて稽古して行きますので、早くみんなと一緒に練習出来る様、稽古を積んで行きましょう!四人は一生懸命稽古しないと、あっという間に竜也に追い越されちゃいますよ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日稽古から帰った後、合宿稽古会のグループ(班)分けを行い、参加者を3つの班に分けました。班メンバーの詳しい内容は、合宿のしおりに書いてもらう事にしていますが、班長は下記の三名に決めましたので、よろしくお願いします。

A班:大輔、B班:廉、C班:将太

合宿中は基本的に班単位で行動し、上級生には下級生の面倒を見てもらいます。

また、ボールを使った練習や試合稽古でも班をチームとした団体戦を行う予定にしており、優勝チームには私から何か記念品をプレゼントしようと思っています。まあ鍔止めとかそんな程度のものになるとは思いますが・・・。

合宿参加人数は総勢30名になる模様です。どうなるかやってみないと分からない部分も多いと思いますが、来年以降も継続してできる様な稽古会になれば良いな~と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五段審査

2012.04.15 東京の”くにたち総合体育館”で行われた、東京都の四・五段審査で五段審査を受けてきました。前回不合格でしたし、生活費が困窮しないためにも、二度目の挑戦となる今回は、さくっと合格しておきたいところです。 

ところが・・・三月にぎっくり腰になってから、無理して一回稽古して悪化させ(笑)、その後 法典剣道大会で中学生と試合を一試合だけしかしていない状況だったので、明らかに稽古不足のまま審査を受ける事になってしまいました

この期間腰痛の具合が思わしくなく、法典剣友会の稽古では、『防具着けないで横からイチャモンをつけるだけの ただの鬱陶しいオッサン』と化していました(笑)が、流石に直前の金曜日は『体動かしておかねば・・・』と思い、久しぶりに防具を着けて稽古したのですが、改めて腰痛のしつこさを感じる羽目になりました(泣)。

前日の土曜日には学科試験問題や時間が書かれている要項を確認していると、会場がいつもと違う所(通常は東京武道館)でやる事が書かれてあり、ビックリしてしまい、これから解答しようとしていた学科の問題どころでは無くなってしまいました。

んで、・・・・・・くにたちってどこ?

 

私は国立(くにたち)って、青梅とか高尾山よりもはるか向こう側だと勘違いしていたので、

『あれっ、前泊しないとダメな感じ?いくらなんでも都内でそれはないよね?』

・・・・・・相変わらず大アホです。

 

 

 

さて、当日は行きの電車の中でいろいろエピソードあったのですが、書くの面倒くさくなってしまったので(何故って、これ沢山飲んじゃったんで・・・・・、これ→)一気に話は審査の立会いが終わったところへワープ・・・。

審査は2回立会いがあるのですが、一人目がかなり悪い内容だったので、立会い終わってから、

『あ~、また落ちちゃったかな~』とか、

『また受審料払わなければならなくなるので、キャバクラ行くの一回控えなきゃ・・・』とか、

『腰痛め!!痛み倍増してきやがって、"不"合格発表終わったら速攻で帰って、接骨院行って懲らしめてやる!!』

とか思っていました。

・・・が、なんと、なんとか合格していました!!

自分としても内容が不本意だったので、正直驚いているのですが、腰痛のおかげで悪い部分が出にくかったのかも知れません。

流石に『腰痛さんありがとう!!』という心境にまではなりませんでしたが、人間万事塞翁が馬という言葉もありますし、折角いただいた五段ですので、今後は五段らしい剣道を身に付けて行きたいと思います。

 

 

いろいろご指導下さった先生方、稽古をつけて下さった剣友会の皆さん、武蔵会の皆さんありがとうございました。

また、法典剣友会の子供たち諸君、君達が稽古相手になってくれたおかげで合格することが出来ました。本当にありがとうございました。

これからも私に一杯稽古付けて下さいね~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第11回剣正会剣道錬成大会

2012.01.29

市川市の新浜小学校で行われた試合に、法典剣友会の一般会員の皆さんと参加してきました
参加された皆さんお疲れ様でした。

 

昨年よりも参加チーム、参加人数ともに増え規模が大きくなった事と、これまで以上に若手の参加人数が増えた事で、より白熱した試合が多くなったように感じました

 

昨年二日酔いMAXで、散々な結果だったので前日のお酒はビール1本だけで自制(実はもっと飲みたかったんですが、昨日休日出勤の上フル残業で飲む気も失せていたというのが真実なんですけど((笑)))し、万全の体調で出場して来ました。・・・ちなみに昨年の法典剣友会の結果はこちらをクリック→■
 

 

午前中は三人制の団体戦で、三チーム対抗の予選リーグを行い、リーグ一位のチームが決勝トーナメントに進む事ができます。
(↓スコア数字左側は法典剣友会右側は相手)

=団体戦=

法典一組
先鋒  しょうじ
中堅  倉又さん
大将  宗田さん

一回戦目は、
先鋒 1-1
中堅 ②-0
大将 0-①

二回戦目は、
先鋒 ②-0
中堅 0-0
大将 0-0

で予選リーグ突破!!

決勝トーナメントに進みました。私が決勝トーナメントの抽選でくじを引いたんですが、優勝候補と当たる見事な引きの弱さを発揮してしまいまして、トーナメント一回戦で敗退。

トーナメント一回戦
先鋒 0-②
中堅 0-②
大将 0-0

予選リーグは倉又さんが、試合での初勝利を二本勝ちで飾り、チームの勝利に大きく貢献してくれました!!二本とも相手の手元を上げさせてからの小手できれいに打突部位をとらえていました。

法典二組
先鋒  原さん
中堅  宮地さん
大将  石井さん

一回戦目は、
先鋒 ①-0
中堅 0-0
大将 ①-0

二回戦目は、
先鋒 ①-0
中堅 0-②
大将 0-0

こちらも第一回戦で、石井さんが面一本で初勝利を飾りましが、残念ながらチームは一本差で決勝トーナメントには進むことが出来ませんでした。

法典三組
先鋒  木田さん
中堅  長岡先生
大将  井上先生

一回戦目は、
先鋒 ①-0
中堅 0-②
大将 0-0

二回戦目は、
先鋒 0-0
中堅 0-②
大将 0-0

木田さん が、法典剣友会のメンバーとして初めて試合に参加。見事勝利しましたが、残念ながらチームは予選敗退となってしまいました。
行田中で稽古している会員の方は、既にご存知の方もいるかもしれませんが、今後も稽古に来てくれると思うので、名前覚えておいて下さいね~。都合が合えば法典剣道大会にも参加してもらいたいと思っているので、その時に、皆さんに紹介したいと思っています。

午後は段別の個人戦。
三段以下の部
宗田さん

一回戦 ②-0
二回戦 ②-0
三回戦 ①-0
四回戦 0-①

と、ベスト8まで勝ち残り、敢闘賞として賞品をGETしてきました!!
宗田さんは、毎年何らかの賞品をGETしており、安定した成績と高い家計貢献度は羨ましい限りです

何故家計貢献度が高いかといいますと、この大会の賞品はお米とかビールとか洗剤とかキッチンペーパーみたいな、日用品なんですよ。ちなみにビールは、団体戦で三位以上に入賞するともらえるみたいです。

 

原さん
一回戦 ①-0
二回戦 ①-0
三回戦 0-②

原さんは団体戦二勝、個人戦二勝と計4勝を上げました!!最後は引き技ばかりになってしまっていたので、前に出て打つ技を磨いていきましょう!!

 

倉又さん
一回戦 1-②

最後に取られた面の場面は、攻めて打って出た場面だったので、内容的には悪くなかったと思います

 

石井さん
一回戦 ②-0
二回戦 0-②

団体戦に引き続き、一回戦を勝利で飾る事が出来ました。負けた試合は少し前へ攻める意識が弱かったかも知れません。

 

宮地さん
一回戦 0-②

大分、気剣体の一致に近づいてきました。
一本まであと一歩と云う打突もあったので、さらに稽古積んで行きましょう。

 

木田さん
一回戦 ①-0
二回戦 1-②

負けた試合も、攻め勝っていたと思うし惜しい打突も何本かありました。もう少し試合勘が戻ってくると、上位に行けるように思います

 

宮地さん、倉又さん、石井さん 大人になってから剣道を始めた皆さんの成長を感じることが出来ました!!

今日の試合で得られた経験や感覚を今後の稽古や試合に生かしていけると良いですね。夏には恒例の市民大会もあると思いますし、またみんなで稽古の成果を披露して欲しいと思います。

四段以上の部
井上先生
一回戦 ①-0
二回戦 0-①

今回は、審判も兼ねていたので井上先生の試合はほとんど見ることが出来ませんでしたが。個人戦一回戦で面を取った場面は、実は審判しながら横目でチラチラ見ていました(笑)。
良い機会で打てていたと思います。  

 

しょうじ
一回戦 0-①

↑さて問題はこいつ。最近勝率悪いな~。攻めも中途半端だから相手を崩せてないし、思い切って勝負出来てないし、そもそも竹刀がちゃんと振れてないなんて・・・・

と言う訳で、私は今回も目標にしていた優勝は達成出来ませんでした(T_T)。

しかも体調万全だろうが、二日酔いだろうが大して結果に影響なし(爆笑)!!

 

 

 

どっかに、剣道強くなるアプリとか、落ちてないかな~。

ブログの読者の方で、もし見つけた方がいらっしゃったら、是非他の人には内緒で教えて下さい!!速攻ダウンロードしますんで

 

あちゃ~、自分の携帯 スマートフォンっていうヤツじゃなかったんだ!!残念!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五段審査

東京武道館で行われた五段審査を受けて行きました。

 

結論から言いますと、不合格でした

 

立会いが終了した時点で、自分でも手ごたえが無いというか、受かった気がしなかったので、発表を待つまでも無く轟沈という感じでしたね

課題は鮮明になったというより、前々から自分では分かっていた所なので稽古積んで再挑戦します。他にもちょっとした課題はありそうですが、稽古で修正できる範囲だと考えているので、意識しながら稽古したいところです。

審査会が終わってから日本橋剣友会のメンバー数名と『反省会』と称して、軽く飲んで帰ってきました。試合で負けて帰ってくる時以上に、防具が重たく感じましたね~

しかも大雨で防具も体もびしょ濡れで、気持ちが無茶苦茶滅入りました

 

審査とか試験の類での不合格は、大学時代の入社試験以来だったので、不合格という現実は意外と凹むな~と感じています。
←実は四段審査での形審査不合格という実績もあるのですが、それは超々超々特殊事情なので除きます。凹んだというより、怒りで逆に凸った感じ。機会があればその時の話も記事にしてみますね。気が向いたら(笑)。

さて、今回の審査で自分なりに大いに反省して改善しなければならない重大なポイントが見つかりました。

①稽古不足・・・・・これは、現実的に時間を増やすことは出来なそうなので、出来る範囲で稽古の質を高める工夫をするしかないと思います。

②審査にたいしての姿勢がいいかげんだった・・・・・正直、『落ちるわけない』くらいのなめた気持ちでいたので、稽古に真摯に取り組んで 且つ 謙虚な気持ちで審査に挑めるよう稽古積んで行きたいです。

登録料持っていくの忘れた・・・・・審査に合格した際に登録料を納付しなければならないのですが、持っていくのをすっかり忘れていました(笑)・・・・・・・・・・端から受かる気無かったっていう事なのかな??? さすがにこれでは受かる訳ないね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幼少年指導者講習会

千葉県武道館で行われた講習会に参加させていただきました。

初段から七段まで総勢160名を超える参加者だったそうです。

午前は『日本剣道形』と『木刀による基本技稽古法』の講習。

午後は『審判法』と『指導法』があり、最後に交流稽古があり、朝9:30~夕方16:30まで結構盛り沢山のメニューでした。

『剣道形』の講習は一通り留意点の説明等があった後、六・七段のグループと五段以下のグループに分かれて稽古。びっくりしたのは七段の先生で形の流れすら覚えていなそうな人が複数名いらっしゃったことです。何年も形の稽古してないんじゃないの????と疑う様な形をされていましたね~。五段以下のグループの時は七段の先生方がそばについて指導をしてくれると云う非常に有り難いシチュエーションで稽古できました。幸い、全然形が出来てない先生ではなく(笑)、しっかり形稽古されている先生にご指導いただくことが出来、非常に恵まれていました。ありがとうございました。

恵まれていたと言えばもう一つ。形のお相手が女子大生だったのです。
講師の先生が、相手の目をしっかり見て合気(簡単に書くと、気持ちを一つにして)で形を打つ様に、指導されたんですが、真面目なその子はしっかり私の目を見てくれるんですが、ウブな私は今一照れくさくて、つい目をそらせちゃってましたね~。かと言って、口元ばっかり見ていてもおかしいですし、もっと視線を下げると勝手に乙πの方に目が行ってしまうので、目のやり場に困ってしまいました。修行が足りない証拠です。

『木刀による基本技の稽古法』は、船橋市でも一級審査の審査項目になったこともあり何度か講習を受けた事はあるものの、実際の指導は井上先生にまかせっきりで、ここ二年くらいまともに稽古・指導したこともなかったです。

形も基本技稽古法もしっかり稽古しないといけないなと感じました(・・・・って講習会の直後は毎回そう思っているんですが・・・・)。

『審判法』では実際審判をする機会はなかったものの、有効打突の判定に関しては講師の先生が解説して下さったのと同じ見解だったので、今回の講習ではまあまあ自信を持って帰ってきたところです。審判に関しては中学・高校時代に練習試合などで結構沢山経験させてもらったり、今も審判は積極的にやらせてもらっていることもあり、実は結構うまい方ではないかと勝手に思っています。大人になってから審判で注意受けた事も無いですし・・・。

高校時代、審判は試合以上に神経を集中させてやっていた記憶があります。
ミスジャッジすると、他校の連中からバカにされる感じでしたし、ミスジャッジしたりあいまいな意思表示すると、他校の先生でライダーキックしてくる先生がいましたから・・・・(私は喰らった事無いです(笑))。

『指導法』はこの様な講習会では毎回期待して行くのですが、毎回期待外れで帰ってきます。何故って結局は『あなたたちが基本をしっかりマスターして正しく教えなさい』と言う事なんですよ。幼稚園児にはこういう指導方法が良いよとか、小学生ならこうとか、大人の初心者にはこうみたいな具体的な指導方法を、教えてもらえる事は一切ないからです。

結局は、指導要領に書いてあることを柱に基本を正しく教えて行くしかないんですよね。

最後は『交流稽古』で、短い時間でしたが回り稽古形式で稽古お願いすることが出来ました。午前中は結構涼しかったんですが、午後は結構蒸し暑くなり汗びっしょりになってしまいました。

おかげさまで帰宅後のビールが最高に美味いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

審判講習会

2010.05.09
審判講習会に参加させていただきました。
午前中は、木刀による基本技稽古法の講習と審判法座学。

木刀による・・・は23日の一級審査から実施との事で、私も記憶違いが無いかの確認してきました。審判法は、これまでと改正された点はないとの事で、復習メインでした。

午後は審判法の実技。これには参りました。あまり本音を沢山書くと今後の剣道人生に支障がありそうなんで控えますけど・・・・・。

剣道やっている人がこんなことを言ってはいけないことは重々分かっていますが、

あ~この人が審判の時には試合したくね~な~。て思う人が多すぎ。

今日はこのへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本橋剣友会での稽古

2010.04.30
珍しく予定通り稽古に行くことが出来ました。
今日は六段の先生1人五段の先生4人出稽古の四段の若手1人と稽古お願いできました。

印象に残ったのが二人。

一人は出稽古に来ていた四段の若手。私が剣道を再開した頃のスタイルととてもよく似ているタイプの人でした。自分の弱点をそのまま攻めれば良いわけで、面白いように打てる半面、こうやって攻め込まれると自分もいい様に打たれちゃうんだな~というのがよく分かりました。ただ、彼としては面白くないくらい打たれちゃった訳で、稽古後に挨拶に来てくれた時も、納得いかない様子でしたので、自分と余りにも似たスタイルだったので・・・みたいな話はさせてもらいました。今日自分が攻め勝てたのは年の功かなって感じかな~。偉そうな言い方になってしまいますが、彼とはまた稽古して成長を見てみたいな~と思いました。

もう一人は、武蔵会でもお世話になっているりょうさんでした。自分が目指す二刀は彼の二刀なんですよね~。
ですが、自分とりょうさんは太刀(長い竹刀)を持つ手が違います。自分は太刀を左手に持つ逆二刀というスタイルで、りょうさんは太刀を右手に持つ正二刀というスタイルです。

りょうさんの二刀は構えと打突がものすごくきれいで、打たれる時は成すすべも無く打たれている感じなんですよね~。圧倒的に打たれている感じでもないんですが、対処できない不思議な打たれ方されちゃうんですよ。うまく表現できないんですけど。
武蔵会に手本となる人は沢山いるんですけど、りょうさんを目標にしています。

まあ今日もいいように打たれてしまいました。自分としてはいい機会で一本突きが打てたような記憶がありますが、突き垂れからそれちゃってましたので、次は一本取れるようにしっかり打ちたいです。

勿論飲み会(第二道場)も参加してきました。いつものことなんですが、第二道場以降の記憶はほとんど残っていないので、そろそろ寝ることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本橋剣友会での稽古

2010.04.17

久しぶりに日本橋剣友会の稽古にいく事が出来ました。
ここ数年は、仕事の関係で年に1~2回しか行くことが出来ていなかったのですが、今年度の四月中は後1~2回は行けそうです。

日本橋剣友会は、私がブランク期間12年を経て剣道を再開する時に入会させていただき、もうすぐ丸八年になります。
常時七段の先生が5人以上、五・六段の先生も大勢いますので掛かる稽古を常にさせていただける非常に素晴らしい稽古場所です。三段,四段もここでご指導頂いた事で、昇段できたと感謝しています。今年度の会員登録もさせていただきましたので、非常にレアキャラですけど、何卒よろしくお願いいたします。

法典剣友会の子供達や特に昇段審査を控えている一般会員の方には近いうちに出稽古の機会を作ってあげたいなと思っています。先ほど書いたとおり大勢の先生がいらっしゃるので、必ず自分の剣道にプラスになると思っています。

昨日は、七段の先生2人,六段の先生1人,5段の先生2人に稽古お願いすることが出来ました。体で打つきっかけを作っているようで、それが色となって出てしまっている様です。これは相当稽古しないと、直すのが難しいと思いますが、少しずつ積み重ねて改善していきたい所です。

来月の中央区団体戦にもエントリーさせてもらえることになりました。今年度初の試合ですし、一般社会人剣士には試合のチャンスが限られていますので、一試合一試合を無駄にしないように、立ち会いたいです。

さて、日本橋剣友会では稽古後に毎回ほぼ100%第二道場という稽古会があり、そちらも非常に楽しいんです。

・・・簡単に書くと、 酒飲んで食べてしゃべる ・・・

ちなみに第二道場の方が稽古時間が大分長いですが、それは大人の事情ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとり言

今日で三月も終了。あっと言う間に平成22年も3ヶ月が過ぎてしまいました。

自分自身の稽古も年明けてから、たったの3回しか出来てなく、月一回ペースかいな。
これでは上達するわけないですな~。

これから試合シーズンに入るし、来年の五段審査に向けてもうちょっと稽古回数増やさなくては・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)